ご相談は無料!お気軽にお問い合わせください。





HOME > 一般歯科 > 審美歯科・ホワイトニング

審美歯科・ホワイトニング

近年、歯の見た目をより良くする審美歯科治療が注目されています。金属を使用せず(ノンメタル)にセラミックを使用して、より光沢のある自然な歯にすることができるようになってきました。また、薬剤を用いて歯を白くするホワイトニングにより、着色してしまった歯を白くすることができます。ここでは、審美歯科・ホワイトニングについてご紹介いたします。

審美歯科

虫歯の治療を行い、詰め物を、被せ物を入れる状態になった。銀色の詰め物や被せ物が気になる・・・。よく聞かれる患者様のご意見です。実際そんな方は多いことと思います。セラミックや、ハイブリット素材を使えば機能的で強度もしっかりとある丈夫な白い歯を手に入れることが出来ます。特に金属アレルギーの方には最適な治療です。
ここではそんな白い詰め物、被せ物の素材となるセラミックと保険治療で使用するレジン(プラスチック)、金属を比較してご紹介します。

金属

保険適応の金属と、保険外治療(自費治療)の金属があります。前者は主として金銀パラジウム合金、後者は主として金合金を用います。

金銀パラジウム合金
保険適応なので安価に処置が可能。また金属としても硬さに優れており丈夫です。欠点としては、全部被せの状態など歯ぐきに接する場合、歯ぐきが少しずつ黒くなって行くことが挙げられます。

金合金
金箔をイメージしていただければよいかと思いますが、金は非常に伸びがいいですので削った歯に非常にフィットした、虫歯の再発性の少ない詰め物、被せ物を作成することが可能です。欠点としては、保険適応外(自費治療)となるために、高価であることです。

金属は、他の材質に比べて比較的丈夫な材質ですので、壊れにくいのが利点といえます。欠点としては金属アレルギーのリスクがあることや、見た目の悪さ(審美性に劣る)点が挙げられます。

金属+レジン(プラスティック)

保険適応の治療として、犬歯(糸切り歯)より前の歯で使用することが可能です。保険適応の素材は、厳格に決められており、残念ながら、極めて質の高いものを使用することができません。そのため、時間経過とともに、レジン(プラスティック)が変色し、見た目が悪くなるのが最大の欠点といえます。またレジンは金属や、ご自身の歯に比べて柔らかい物質ですので、削れてくることも避けられません。プラスティック単独では弱いため、通常金属の被せの物を裏打ちとして補強して使用します。金属としての特性は「金属」の欄をご参照ください。

ハイブリット冠(CAD/CAM冠)

平成26年4月に、保険の改正があり、それまで保険でできなかった小臼歯部に白い歯が入れることが可能になりました。

金属+ハイブリット

保険外治療(自費治療)となります。ハイブリットとは、レジンとセラミックの中間的な性質があります。よって着色するという性質は多少ありますが、保険適応のレジンと違い極めて緩やかな変化ですのでほとんどわかりません。利点としては、セラミックよりも安価であることが挙げられます。

金属+セラミック

保険外治療(自費治療)となります。セラミックはより天然歯に近い色調を再現できるため非常に審美性の高い美しい仕上がりが可能になります。また非常に硬い物質で摩耗することがほとんどありません。よって常に表面が滑沢で歯垢などもつきにくい表面構造となります。欠点としては、高価であること、硬さに優れる反面、強い衝撃を受けた場合欠けることがあることが挙げられます(通常のお食事で欠けることはほとんどありません)。

オールセラミック

保険外治療(自費治療)となります。前述の「金属+セラミック」とほぼ同じ性質ですが、金属を使用しませんので、透明感に極めて優れています。また歯ぐきを変色させる可能性のある性質もありません。欠点は同じく高価な点が挙げられます。

ホワイトニング

笑うときに歯の汚れが気になって、思い切り笑えないということはありませんか? 輝くような白い歯での笑顔は、まぶしいものです。
あなたも白く美しい歯を手に入れて、 もっとステキな笑顔になってみませんか?ここでは歯を美しい白さにするホワイトニングついてご紹介します。
ホワイトニングとは、歯に薬液を塗布することで漂泊して白くする方法です。当院では「オフィスホワイトニング」と 「ホームホワイトニング」、その二つを組み合わせた「デゥアルホワイトニング」をご用意しています。ご自身にあったプランで美しい歯を手に入れてみませんか。

ホームホワイトニング

歯科医の指導のもと自宅で行うホワイトニングです。

歯の型取りをします。専用のトレーを作成します。トレーに薬液をいれます。お口にトレーをいれます。指示のあった時間待ちます。使用後はトレーを洗浄してください。白く輝く歯となりました。

ホームホワイトニング
毎日使用の場合は2~4週間かかります。徐々に薬液を作用させるために、オフィスホワイトニングに比べ効果の持続性が高い。

オフィスホワイトニング(現在、休止中)

歯科医院で行うホワイトニングです。1回法と3回セットをご用意しています。

歯の表面についた汚れを器具を用いてクリーニングします。薬液を歯に塗布します。光を照射し、薬液を活性化させます。

オフィスホワイトニング
来院時にのみ行い、短期間に高い効果を得ることができます。ただし、持続性に劣るのが欠点です。結婚式前などお時間の限られたときなどに適しています。

デゥアルホワイトニング(現在、休止中)

持続性に優れた「ホームホワイトニング」と短期間で効果的な「オフィスホワイトニング」を組み合わせたものです。

デゥアルホワイトニング
持続性、短期間で十分な効果がある、方法です。

二酸化チタンや、ポリリン酸といった食品添加物を「光触媒」と謳い、行っている「ホワイトニング」について
最近、エステサロンや整骨院などで行われているホワイトニングは、歯科医院の治療範疇からすると「ホワイトニング」ではないと言えるかと思います。
ホワイトニングとは、あくまでも歯そのものを白くするものであり、歯の表面に塗って白く見せかける治療法ではありません。
(歯科でのホワイトニングは「美白効果」 エステなどのホワイトニングは「ファンデーション効果」)

作用機序と適応範囲

二酸化チタンや、ポリリン酸には歯の表面にあるエナメル質内部に浸透する作用は全くありません。よってエナメル質内部の色素を漂泊する効果はゼロといっていいと思われます。
では、なぜ白く見えるのでしょう?まず歯の表面の色素沈着などを除去する効果はあるかもしれません。それにより多少白さがよみがえることは考えられます。ただし、歯科医院では、色素の除去はある一定レベルまでは保険治療ですることが可能です(3割負担の方なら、自己負担額180円です)ので、自費治療としておこなうメリットはどれだけあるのか疑問です。また二酸化チタンには光拡散効果があり、エナメル質表面に付着することにより多少光って見えます。これにより歯そのものは白くなっていなくても、輝いて見えるという視覚効果が得られます。しかし、これはグロスを塗っているのに過ぎず、ブラッシングによりすぐに減退することが考えられます。また、一部のこのようなホワイトニングの商品には、人工歯への応用が可能と謳われていますが、セラミックなら表面の色素沈着の除去によりこの効果はある場合も考えられるものの、レジン前装冠といった保険で被せた歯などに多用されているプラスティックの変色には、白くする効果は科学的にありえません。これはあくまでも光拡散により視覚効果により、多少白く見えるだけです。また歯科医院で用いられる過酸化水素、もしくは過酸化尿素を主成分とするホワイトニング治療薬は、歯のエナメル質内に浸透し、色素そのものを分解するのに対し、光触媒を主体とするものは、エナメル質の表面に乗っているだけにすぎないため、日常のブラッシングでその効果が失われる可能性があります。


診察科目

一般歯科

矯正歯科

telephone-icon-3_21103360.jpg0798-34-3215
 西宮市羽衣町7-30 303-A2
    (夙川グリーンタウン3F)

夙川グリーンタウン矯正歯科
 
7:15~12:00 - -
15:00~20:00
 ○  -  -

△:14:00~20:00 
◆10:00~12:00、14:00~16:00
(矯正歯科、予約の方のみ) 
土曜日が祝日の場合のみ
なお、日曜日は隔週になります。

m_01.gif阪急夙川駅徒歩1分   (JRさくら夙川駅徒歩7分)



m_07.gif夙川グリーンタウン駐車場
(駐車券をご持参ください)