ご相談は無料!お気軽にお問い合わせください。





HOME > 一般歯科 > 欠損補綴

欠損補綴とは?

欠損補綴、聞きなれない言葉ですね。補綴とは歯科用語で、被せ物や詰め物を含めた「歯に代わる人工的な構造物」のことです。欠損とは読んで字のごとく、欠けて失われた状態、つまり歯がなくなっている状態をいいます。つまり1本以上の歯が失われた状態での治療のことを言います。
重篤な虫歯、歯周病、もしくは事故などにより歯を抜かざるを得ない状況になった後、抜いた部分をそのままにしておくのは決して良い事ではありません。見た目的にも、機能的にも咬める状態に回復する必要があります。
固定式の入れ歯である「ブリッジ」、取り外し式のいわゆる「入れ歯」などがあります。

ブリッジ

抜けてしまった場所の両隣の歯を削って、3本以上の連続した被せを物をして失われた歯の機能を回復する方法です。固定式なので、違和感がほとんどなく使い心地に優れご本人の歯と同じような感覚で使用することが可能です。図は、臼歯(奥歯)で、保険治療だと金銀パラジウムの被せものになりますが、もちろん前歯は保険適応治療で白いプラスティックを表面につけた目立ちにくいブリッジを使用します。欠点は、両隣の歯を虫歯などのダメージがないきれいな歯であっても削らなければならない事です。
保険外治療(自費治療)だと、目立ちにくいものをご選択いただくことが可能です。

虫歯が進行し、残すことができなくなった状態です。抜歯しました。両隣の歯を削って土台の形状にします(図では、両隣の歯は神経のある歯です)。型取りをして固定式の入れ歯(ブリッジ)を作成します。ブリッジを装着した状態です。虫歯が進行し、残すことができなくなった状態です。抜歯しました。両隣の歯を削って土台の形状にします(図では、両隣の歯は神経ない歯で既に金属の土台が入っています)。型取りをして固定式の入れ歯(ブリッジ)を作成します。保険適応外のオールセラミックをいれます。オールセラミックブリッジを装着した状態です。

義歯(取り外し式の入れ歯)

92041001.png92041002.png
欠損部分が複数であり、ブリッジを選択できない場合には部分入れ歯を、歯がすべて失われた状態だと総入れ歯を入れることになります。保険適応の入れ歯の場合は、レジンというプラスチックでできた床という土台の上に歯を並べ、それを金属のバネで固定する仕組みになります。総入れ歯はレジン(プラスチック)でつくるため若干厚みがあります。

※保険の入れ歯のメリット

・保険が適用できるため安価

※保険の入れ歯のデメリット
・レジン床のため、厚みがあり違和感がある
・総入れ歯の場合や大きな部分入れ歯では、レジンが熱を遮断するので、食事の温かみを感じる能力が下がる
・長期間の使用により変色や磨耗が起こる
・部分入れ歯の場合、口を開けると金属のバネが目立つことがある

保険外治療(自費治療)の入れ歯をご紹介いたします。
92041003.png土台となる床の部分を金属で作成した入れ歯で、金属床義歯といいます。金属はレジンと比較して、極めて強固な物質ですので、床の厚みが非常に薄く作ることができ、違和感がレジンの入れ歯と比べてかなり少ないのが特徴です。またイメージとは違うと思いますが、保険の入れ歯に比べて軽く作ることができます。一番の特徴は、特に上の顎に作った場合、金属であると熱を感じることができるため、食事の際の使用感が格段にあがります。当院では、生体親和性が高いといわれるチタン床義歯を採用しています。


92041005.png部分入れ歯の場合、金属んバネが目立ってします場合があります。その欠点を補うのがノンクラスデンチャーです。ナイロン系の弾力のあるプラスティックを使用するため、バネを用いないで入れ歯を作成することが可能です。

診察科目

一般歯科

矯正歯科

telephone-icon-3_21103360.jpg0798-34-3215
 西宮市羽衣町7-30 303-A2
    (夙川グリーンタウン3F)

夙川グリーンタウン矯正歯科
 
7:15~12:00 - -
15:00~20:00
 ○  -  -

△:14:00~20:00 
◆10:00~12:00、14:00~16:00
(矯正歯科、予約の方のみ) 
土曜日が祝日の場合のみ
なお、日曜日は隔週になります。

m_01.gif阪急夙川駅徒歩1分   (JRさくら夙川駅徒歩7分)



m_07.gif夙川グリーンタウン駐車場
(駐車券をご持参ください)